tagging(雑想#158)

◼︎愛をこめて花束を / 亮ちゃん

f:id:at1965:20171103215748j:image

亮ちゃんお誕生日おめでとうイエーイ!!!

これからもスタイリッシュな生き様と曲でおれを魅了させてくれ!!大河おめでとう!いっぱいご飯食べてね!!!ここ最近レンジャーで「頑張んなきゃ」というフレーズを見るたびに「亮ちゃんはもうちゃんと頑張ってるぜいっぱい頑張ってるぜうおー!」となっています。格好良いぜ亮ちゃん。

今回は前回のすばるの反省をして、ちゃんと花材予約してました。すばるの時に使おうか迷っていたダリア「熱唱」を使っています。(すばるの時は結局「黒蝶」を使いました。色合い的に…)そしてなんかオシャレにスタイリッシュになる(感じがする)ユーカリ。亮ちゃんはあまりくすみや黒みがかってない明るめの色のイメージです。

 

◼︎最近のおれ。

すっかりえいとのメンバーの誕生日おめでとうブログになっていますが!!単純に 書 く こ と が な い 。そうね…最近プリザープド始めました!!プリを使ったレジンアクセサリーとかも作りたいなあと思い勉強していますうへへ。相も変わらずおれは花まみれです。そちらはどうですか。

BOOTLEG

BOOTLEG

 

 春雷がすき。

広告を非表示にする

天晴れ。(雑想#157)

f:id:at1965:20171012223824j:image f:id:at1965:20171012223834j:image

やっっっと晴れだーーー!!

最近雨やくもりばかりでしくしくです。我が庭最前線はすっかりと秋の色合い。ベゴニアの大輪八重咲きだいすき。とても可愛い。

 

◼︎えいとごと。

新曲解禁が来てますねー!楽しみ楽しみ。もちろん泥棒役者も楽しみ!

 

雑想#156

◼︎愛を込めて花束を1.5/すばーる

f:id:at1965:20170928235419j:image

リベンジ。すばるのイメージは深い赤と深い緑。そして最近の穏やかさとか表してみた。つもーり。

 

新曲発売しますね。楽しみだー!!

広告を非表示にする

冷静と情熱のあいだ(雑想#155)

◼︎愛を込めて花束を1.0/すばる

f:id:at1965:20170923212943j:image

すばるお誕生日おめでとおおぉぉぉ遅れてすいませえええぇぇぇん!!!

最近ほんとうに穏やかで、見てて安心します。36歳もすばるのペースで、人生を謳ってくれることを願います。

今回花材が用意出来なくて、わたしの手持ちではどうしてもアレンジしか作れなかったので、今回アレンジになりました。28日以降リベンジします(最短の花材の到着が28日だった)

 

◼︎奇跡の人ひとくち感想。

奇跡の人

  • まぁここまで一言も感想を述べていないので、察して欲しい。わたしにはやっぱりさださんは早い。でもサビのキャッチーさがすごいんだな。耳にすごくつくのね。

コーヒーブレイク

  • スバラジ初解禁のときに聴いて、すごい中途半端なところで止められて「oui!」となった思ひ出。こういう曲、カップリング曲ならではですごく良いですね。

METROCK関連

  • おれもビール飲みながら夕暮れの野外でエイト観て踊りたいという感想しかでない。またフェス出てえええぇぇぇぇ!!!

 

◼︎最近のおれ。

のんびりまったりマイペース。

おれもコーヒー飲めない。(雑想#154)

ジャムツアーお疲れさまでした。わたしは残念ながら行けませんでしたが。丸ちゃんの映画主題歌めでたい!!聴くのが楽しみです。

 

◼︎愛を込めて花束を/ヤスくん

f:id:at1965:20170911201510j:image

ヤスくん誕生日おめでとおおおぉぉぉうわああぁぁぁぁ!!!!

いつも元気を貰っています。いつも勇気を貰っています。いつもいつも。去年と同じ文言になっていまいますが、同じ世界に存在してくれていてありがとう。おれはほんとうに、ヤスくんに、エイトに色んなキラキラを貰ってばかりだ。充実した33歳になりますように。願わくば穏やかで、嫋やかな気持ちで。

特別だからこそ、わたしはヤスくんのイメージを決められないようで、なんだかすごく面白いブーケになってしまいました。イメージの色合いと花材を足していったらこうなってしまったな!?という。ヤスくんらしいといえばらしいのかもしれないが…Take2あるかもね。

 

◼︎最近のおれ。

転職して1週間経ちました。ゆっくりと時間が流れています。穏やかに、でも貪欲に。

感想は後日。

雑想#153

ちょっと本気出し過ぎじゃないですか、夏。

 

◼︎訂正とお詫び。

前回の記事で、「音人の高橋優くんのインタビュー」と表記していますが、正しくはcutのインタビューでした。訂正してお詫びを…します!すいませんすいません。音人読み返してて自分で気付いたよね。ウワァーってなったね。

それはそうと、13周年おめでとうございます。えいとに出会う前、わたしがあんなことやこんなことがあったときも、彼等はきっと前を向いて歩いていたのだろうな。その先で、半径と半径の端の端の部分だけでも、交われたことを嬉しく思います。

 

◼︎今週のお花ちゃん。

f:id:at1965:20170825225323j:image

一番上のスターチス上過ぎやな。

広告を非表示にする

隣に君はいるか(雑想#153)

f:id:at1965:20170821214636j:image

ミューマガ読みました。ミューマガって初めて買った。他のページぱらぱらと見てみたけど、いやあ…まず特集がカクバリズムの15周年というのがもうサブカルオブサブカル。表紙の割に特集ページすっくね!とは思いましたが、一連の音楽雑誌でのインタビューで一番聞きたいこと聞いてくれているな、と感じました(丸ちゃんのベーマガだけ読めてないすまん)。

音楽雑誌でのインタビューが読みたいと常々思っていたので、音人での巻頭表紙特集にものすごく期待を寄せていたのですが(そしてインタビューも良かったのですが)、なんとなく胸にわだかまりが残るというか、なんというか、「いや、僕たちアイドルなんで」って一歩引いて核心に触れさせないようにしているように感じたんですよね(あくまで個人的感想です)。

敢えて言うなら敢えて言おう、

そんなん知ってるわ!!!!!!!

彼等がジャニーズアイドルなんてことはファンであるこっちが痛いくらいわかってるし、もちろんアイドルであることで享受させてもらっている楽しみもたくさんある。でも、そんななかで「おっこの人たちおもしろいやんけ」と思った一面に『音楽』というものが確かにあって、それを同じように面白いと思ってくれている人がたくさんいて、それはすごく嬉しいんだけど、その人たちに向けた音楽“専門”雑誌で「アイドルなんで」って一歩引くというのは、あまりにも卑屈すぎやしないか(余談ですが音人の高橋優くんのインタビューはそこら辺触れてくれててすげぇ良かったと思っている)。アイドルなことは!!知ってる!!!わたしが見たいのはその先なんだ。だから、もっと来てくれよ、曝け出してくれよ、どう思って、どう感じたかを聞かせてくれよ!!!!

…っていうモヤモヤを音人の時から抱えてまして。その答え合わせが出来たのがミューマガかな、と思いました。ミューマガではその一歩引く理由というか、そういうものがすこし垣間見えたので、腑に落ちたかな、という感じです。何だろう、例えばミュージシャンの人って感情や気持ちを出したい、伝えたい、というのが第一にあるけれど、彼等が一番に伝えたいのは「関ジャニ∞」なのだな、というか。そうか、そうだな…。自分で文章打ってて納得してしまった。そのアプローチ方法が音楽に比重が置かれているだけで。そこが本人たちと周り(というかわたし)の温度差なのかな。とすれば彼等の真価が問われるのはその「J-ROCKファンへのアプローチ」がすっかりと済んだ次のアルバムなのかもな。気がはやいかしら。でもそう考えると次のアルバムめちゃくちゃ楽しみね。(自分が聴く)ハードルを上げていくスタイル。

っていうおれの最近のえいとへの想いでした!最近すっかりとなりを潜めていたと思っていたが、わたしえいとのことめちゃくちゃまだすきなんだな。

 

◼︎きょうのおれ。

F G O 水 着 イ ベ 。