JAM(雑想#149)

◼︎生きてます。

いつの間にか7月に入り、梅雨!!暑い!!湿気!!!そんななかエイトの札幌も迫ってまいりました。エイタメ初日のリベンジをしてきます。先月の30日は俺節の大千秋楽を観劇してきました。舞台を観て号泣するのは生まれて初めての経験だった。

 

◼︎ジャム一口感想。

  • 最初聴いたときはニセ明というよりは編曲の菅野さんの味が強過ぎて、結構さらっとした曲だなあと思っていたのですが、聴く度に清涼感を運んでくれるいい曲だなあと今は思っております。ダンスもかわいいよね。

DONAI

  • おれ好みの曲!!コンサートで聞くのが楽しみです。素晴らしく凝った音と歌詞だ。

夢への帰り道

  • もう少し聴き込まないと心に染み込んで来ない気がする。夕方が似合う曲だ。

えげつない

  • サビのメロディ気持ちいい。勢いがあってくるくる変わってすごくコンサートで楽しくなりそうな曲だ。

Never Say Never

  • 言葉が悪くなってしまうけど「売れ線を意識したロック曲」というのが第一印象。でもそれを意識して出来るってすごいことだよなあと思う。

S.E.V.E.N 転び E.I.G.H.T 起き

  • もっと変化球で来ると思ったんですが、意外に直球な曲でびっくりした。めっちゃユニコーンでニヤニヤしちゃう。

青春のすべて

  • これももう少し聴き込まないと…基本的にバラードというものは何気なく繰り返し聴いているときにふっとぐっと心を掴まれるものだと思うので。

生きろ

  • すばるがさ、ぶつけるではなく伝える、ということを選びとってくれた今とそれまでの時間がおれは愛しいよ。とても素直な素敵な曲だ。

JAM LADY

  • まさかだったよね。でもいいじゃん夏だし、と思ってしまうから夏は魔物である。

Traffic

  • ニシキドリョーはおれの心を何回掴めば気がすむの?DONAIがいちばんかな、と思ったわたしのナンバーワンを最後に華麗に掻っ攫っていった。間奏の音がいっぱいなところすごく良い(なんて頭の悪いセンテンス)。ストリングスの使い方までおれ好み。もう、君がナンバーワンだよ。降参だ。

総評

  • 新曲のみに絞って感想書きました。ここからはアルバムとしての感想を。シングルカット出来そうな曲がたくさんある、という豪華さ。だけど粒ぞろい過ぎてアルバムのバランスとしては少し悪いかな、という印象です。シングルとして印象が薄かったパノラマがアルバム曲としてすごく機能している。それこそ通常盤の特典の曲を曲順に挟んだらとてもバランスが良くなったのでは、という個人的見解です。でも前述した通りどの曲もとても良いのでコンサートで観るのはとても楽しみ。そのバランスの悪さも今の彼等なのだよな、きっと。色々なものがないまぜになって、不格好で、でもそれが、きっと先の彼等を形作っていくのだ。もっとたくさん聴き込んで日常に溶かしたいと思います。
  • ユニット曲と映像特典の感想はなしです。だっておれ、B盤買えてないんだよ!

◼︎最近のおれ。

新天地を目指す。自分を高める夏にしたい。

広告を非表示にする